Aliexpress
戻る
中国語版 CHINESE | 日本版 JAPAN
実時間空気質:
  • 16:00 大阪 55(AQI) Moderate
  • 21:00 西東京市 50(AQI) Good
  • 22:00 横浜 21(AQI) Good
  • 21:00 鎌倉 46(AQI) Good
  • 21:00 京都 42(AQI) Good
  • 21:00 奈良 61(AQI) Moderate
  • 22:00 仙台 21(AQI) Good
  • 22:00 札幌 30(AQI) Good
  • 22:00 福岡 65(AQI) Moderate
  • 21:00 名古屋 72(AQI) Moderate
  • 22:00 北九州 114(AQI) Unhealthy for Sensitive Groups
鼻アレルギー遠ざけ、予防はキーポイント
2015-08-05 ソース:へイズスタープレスセンター ページビュー:593

  夏季になって、百花繚乱の折。然しアレルギー性鼻炎患者にとって、年中一番辛い日日と言える。鼻アレルギーは一般的な疾病ですが、よく繰り返し発症なので、完全根治できない等の特性を持っているのに、患者に尽くさず悩みを持って来る。正確認識、合理的な薬物を使い及び有効防護ことはアレルギー症状を改善に大切と思う。

 鼻炎:タイプが多く、過敏性の危害ナンバーワン     

 鼻は人体呼吸道の扉であるため、呼吸と免疫防護などの重要生理機能を担当する。遺伝変異、環境病因、鼻粘膜粘液繊毛の整除機能或いは防護機能異常等が、各種慢性鼻腔炎症を起こす恐れがある。鼻炎は生活の一般な疾病で、且つ、種類が繁雑。その中、急、慢性鼻炎、アレルギー性鼻炎、慢性肥厚性鼻炎、萎縮性鼻炎、薬物性鼻炎等を含み、特に、アレルギー性鼻炎の発症率が一番高い且つ危害性が大きい疾病である。グローバル患者人数は5億を超え、我国のアレルギー性鼻炎患者は1.4億ぐらいと言われる。     

  軽度のアレルギー性鼻炎患者は最初鼻水、鼻詰まり、クシャミ止まらずなどの症状が出る、呼吸不順のため、酸素不足になってしまう、記憶力を影響される同時に脱力感、頭痛、眠りたいなどの情況が出る。仕事、睡眠を影響可能、ライフレベルクオリティが低下させると思われる。

  若し、遅延治療または永続的発症なら、患者のアレルギー性鼻炎症状が酷くなる、系列な合併症が出る恐れがある。よく見えるのが、喘息。統計によると、約1/3のアレルギー性鼻炎患者は喘息症状を持っているそうです。又、長年アレルギー性鼻炎になるため、二次感染になりやすい。副鼻腔炎、鼻ポリープ、中耳炎、咽頭炎、アレルギー性喘息、肺炎、リウマチ熱、心筋炎塞栓症を引き起こし恐れがある。

アレルギー性鼻炎の成因とは

  アレルギー性鼻炎は人体自我防護の免疫機構から拒絶反応である。以下は主要な成因:

.先天性気管フォルト、鼻腔が天気変化、花粉、チリダニまたは特定アレルゲンに過敏反応。

2.後天性アレルギー病因、例:空気汚染、薬物、花粉等のアレルゲンの長期刺激され。

3.一些神经性疾病也可诱发过敏性鼻炎比如抑郁症。神経性疾病も亜アレルギー性鼻炎を誘致可能。例:うつ病

アレルギー性鼻炎を治療なら、薬物合理使用は重要だ    

  アレルギー性鼻炎は完全根治できないだが、診断されしても、合理治療を必要、大勢アレルギー性鼻炎患者は「アレルギー性鼻炎はただ鼻水、クシャミだけ、目前、根治治療できない薬物が無いので、薬を飲まなくてもいいんだよ」と思われ。アレルギー性鼻炎の臨床症状がそれぞれですが、調子に極大危害と判定され。それについて、病気になると、早く診断、治療、予防だと、疾病を有効コントロールできる。

  又、ある患者が、アレルギー性鼻炎薬物を服用するだが、鼻炎情況は良くなる、薬物停止だと、又もうすぐ発症してしまう。このやり方は違いです。実は、薬物治療が主に鼻噴霧コルチコステロイドと経口抗ヒスタミン薬の薬物使用。使用原則は症状を制御の前提に最小量を使い、症状が消失後でも、二週間ぐらいを続け服用が必要。充分の服用時間があれば、機体はゆっくり脱感作させる。花粉過敏の患者は花粉季節前の12週間で予防性薬物を使用。徹底できな症状を制御すること。

 予防は主に、アレルゲンを隔離は大切

 アレルギー性鼻炎は外界の過敏抗原を吸入後に引き起こす疾病である。繰り返し発症易い。で、アレルゲンを早く診断することは大切だ。生活中、患者は一体何かアレルゲンを過敏することは分らないため、無意識でアレルゲンを接触すると、鼻炎は発症。永続的に根治しない。それについて、アレルギー性鼻炎を有効治療すれば、第一ステップ:アレルゲン検査、判断後、専門隔離を行う。過敏症状を制御できる。

  例:チリダニをアレルギーの患者について、寝具用品、カーテンを洗濯、カーペットを敷かないほうがいい。よく掃除することは必要だ。花粉アレルギーの患者なら、花粉季節にマスクを掛ける。外出減少或いは無花粉地区で短期旅行などの方式有効防護。目前、樹木花粉季節に折る、空気中の花粉濃度上昇、人が吸入後、鼻粘膜を刺激され、アレルギー反応を引き起こす。患者は防護注意するべきです。

  沢山呼吸防護用品では、「霾星人鼻用空気清浄器」の明白の利点、物理原理の高効率アレルゲンを隔離、元からアレルゲンが鼻腔に入るを拒否。アレルギー性鼻炎の発症率を大幅に低下させる。症状悪化を有効制御、呼吸の順調性を保証する同時に、吸入された気体を加温加湿作用を持つ。快適さをアップする。霾星人は物理隔離方式でアレルギー性鼻炎を防護する。無毒副作用、妊婦、児童等の特殊人群もご安心使用できる。 


著者:瓦咔咔