Aliexpress
戻る
中国語版 CHINESE | 日本版 JAPAN
実時間空気質:
  • 16:00 大阪 55(AQI) Moderate
  • 21:00 西東京市 50(AQI) Good
  • 22:00 横浜 21(AQI) Good
  • 21:00 鎌倉 46(AQI) Good
  • 21:00 京都 42(AQI) Good
  • 21:00 奈良 61(AQI) Moderate
  • 22:00 仙台 21(AQI) Good
  • 22:00 札幌 30(AQI) Good
  • 22:00 福岡 65(AQI) Moderate
  • 21:00 名古屋 72(AQI) Moderate
  • 22:00 北九州 114(AQI) Unhealthy for Sensitive Groups
私達が毎日PM2.5の呼吸量とは?
2015-11-12 ソース:へイズスタープレスセンター ページビュー:751

 


数回へイズ天気では、楽観なインターネットユーザーは多くのブラックユーモアを創り。「彼方南方で花の様な微笑、私北方でへイズ中の燃え殻を呼吸~」然し、誰かが呼吸が必要ないのか?重度汚染の下に、怖くPM2.5は肺臓に入れるのに。それでは、私達が毎日PM2.5の呼吸量とは?

 厳重汚染時、少なくとも、毎日3 mgだ!

  へイズ天気持続場は、空気の汚染物は主にPM2.5である、つまり、直径2.5µmの微小顆粒物は人体肺胞に侵入できる。ミクロンはミリメートルを千分に分けに当たる。で、微笑を見られること。

  若し、厳重汚染場足は、PM2.5濃度が300μg /まで恐れ。では、一日10~15の呼吸量を計算すれば、我々が一日ほぼ3~4.5μgPM2.51000μg =1 mgを吸入する。然し、ここでの吸入量と人体にの侵入量は同一視することはできない。

冬季無料のタバコ3パックを喫煙

   ここで、幾つかミリグラムだけを吸うと思われ、まったく無視でもいいんだよ!一般民衆は喫煙の危害認知がもっと深く憂慮にして、且つ、PM2.5が付着のヘビーメタルと有機物質、タバコメタル中の有害物質と同じ、発癌物質と癌促進物質を含み。若し、PM2.5をタバコに換算して、やってみてください。                                                                                          

タバコタールのPAHはタールの0.6%を占めて、タバコ11μgのタールを計算して(当該数値は中等以上のタールコンタントを含み、毎回喫煙の出ったPAH60μg0.06 mg。普通人体に吸入された20%ほぼ、つまり、12μgぐらい(フィルターがあるため、スモーク過程はずっとスモークではない)。『北京大顆粒物質中のPAH濃度季節変化及びソース分析』の論文による、北京2006~07年冬季PM2.5付着のPAHの平均濃度は337.7 ng /である。一日間10~15の呼吸量ならば、3377~5065.5 ng3.377~5.0655μgを変換できた。これも2006~07冬季(北京冬季は150日間がある)42-63本吸煙量。凡そ2-3パックの量!

PM2.5と吸煙量の変換


  注:上述データは
2006年―07年冬季北京大気顆粒物中のPAH平均濃度を良く見るタバコタールコンテントが対応の一日間の吸煙量、吸煙量1は、10/日間の呼吸量に計算して、吸煙量215/日間の呼吸量に計算すること。 

 

  それ又、上述結果は2006~07年冬季の平均レベルである、近年の変化から見れば、この指標の増長は2003~04年冬季、北京PAHの平均濃度は271.05 ng /)。これも最近数年の冬季は、我々毎日の吸煙量はより多いでしょう!

 

PM2.5防護、マスクの選びは大切

  皆がマスクを選ぶ時、勘違いがある。濾過効率高いマスクはいい物と思われ。実には有りません、マスクの顆粒物濾過効率は高くでも、呼吸抵抗力が大きければ、性能良好の呼吸防護製品ではない。例えば、市場でよく見るN95マスク、良好な濾過効果があるけど、呼吸抵抗力が大きい、長時間着用して人体に酸素不足させて不快になってしまう。だから、性能良好の呼吸防護用品は、製品濾過効率高くて、呼吸抵抗力が小さく、両方共存、不可欠の物である。

 

アンチへイズ製品を選びのアドバイス:

 1.安価製品を考慮ずに、安価やつは性能が良くない;勿論、高価マスクは必ず良い物と言えない。こちらで、高い物は大部分良品と思われ。

2.購買する前に、製品の機能・原理・生産者の信用情況を是非了解してください。

3.MCを完全信じらないでください。友の紹介は相当信じること。自分も使用感想を共有してほしいです。

 

 

 

著者: