Aliexpress
戻る
中国語版 CHINESE | 日本版 JAPAN
実時間空気質:
  • 16:00 大阪 55(AQI) Moderate
  • 21:00 西東京市 50(AQI) Good
  • 22:00 横浜 21(AQI) Good
  • 21:00 鎌倉 46(AQI) Good
  • 21:00 京都 42(AQI) Good
  • 21:00 奈良 61(AQI) Moderate
  • 22:00 仙台 21(AQI) Good
  • 22:00 札幌 30(AQI) Good
  • 22:00 福岡 65(AQI) Moderate
  • 21:00 名古屋 72(AQI) Moderate
  • 22:00 北九州 114(AQI) Unhealthy for Sensitive Groups
国際「肺癌防止日」:アンチへイズ防護意識を高め、肺癌の脅威をアラート
2015-11-19 ソース:中国新聞網 ページビュー:319


 

  今日は第十五個「国際肺癌日」である、人群健康と生命を脅威の最大悪性の腫瘍の一として、肺癌既に我国のトップ悪性Cの死亡原因になってしまう。全部悪性腫瘍死亡の22.7%を占め。そして発症率と死亡率はやはり持続迅速上昇している。喫煙ことは、肺癌起こしの主要原因でも、多くの科学研究による、大気汚染が日増しに厳しく伴って、肺癌の発症率は増やしっぽい、PM2.5が肺癌発症率のキーポイントである。

 

  資料による、米国は26年間に渡って18万人に観察を通し、1立方メートル当たりPM2.510μgを増加すれば、肺癌の発症率は15%-27%を増加する。日本とデンマークにも同様のデータがある。アーロン・コーエン研究グループ発表された『2010年グローバル疾病負担評定』の中に「疾病負担を影響の危険要素には、室外空気顆粒物質汚染はグローバルで七位に、中国は四位に立つ』と掲載された。

 

  実は、PM2.5はt常に微小なので、人体の最小気道即肺胞に直接侵入可能。へイズ天気の微小顆粒物―PM2.5の主のソースは自動車ガス、工業生産が排出されたガス及び建築現場と道路交通が起こした灰燼である。これが数十種類有害物質をキャリングできる。その中に、PAHと肺癌の発症率に関わる。且つ、PM2.5以下の超微小顆粒物は未だ沢山ある。この危害性が更に大きい。PM2.5の増加と肺癌発症に関わる。肺癌厄介のリスクも大幅に増加。この言い方は既に多国流行病学研究の確認された。研究表明:PM2.5は人体に吸入された後に肺臓に入り込んだ。直接に肺胞の弾性を低下させ。機能弱化する。肺繊維化まで、肺胞換気機能を差支え、時間長くなると、肺臓機能低下、厳重の気質性病症を起こし、最後に肺癌の挙句。

 

  調査報告による:へイズ天気厳重時、呼吸科の外来患者量が大幅増加、高血圧患者が飲用薬物も増加、喘息病人の発症率がアップ、失敗負担も顕著。実は、へイズが人体の危害性は公認され、呼吸系統でも、心血管等のほか系統にも危害がある。目前、環境を有効改善してしょうがない場合は、我々は疾病の防犯意識があるべきです。一括して、予防は主にする。

 

  市場のに品目が多く、機能様々の防護マスクについて、皆は一番関心のが製品の防護効果と思われ。普通の使い捨てマスクは大顆粒を隔離できる、微小顆粒物を濾過できない。N95N99標識付きのマスクは、濾過目的に達するけど、快適さがあまり良くないため、且つ、息苦しすぎ、正常な呼吸を影響。人体長期着用に適合しない。又、製品の密封性を注目する必要。製品は漏れ問題があれば、最終の濾過効果を直接に影響された。へイズ防護目的をずらすと思われる。

 

  アンチへイズ市場の「ブロックホース」と呼ばれ霾星人鼻用空気清浄器は、体積小さく、通気性も良好、密封性強い等のメリットが持っている。へイズ中の有害顆粒物に高効率濾過を行う。北京質量検査センターの実験室発表の検査報告による、霾星人の濾過効率は99%以上、同時、この製品は良好の通気性を持つ、人体に長期着用を適合して、息苦しくないことを保証できる。

 

 実は、肺癌予防ことは喫煙環境を遠ざけるだけでなく、又、へイズ等の大気汚染厳重の時、タイムリーに有効防護の習慣はを養成して、有害物質の吸入を減少主旨に。

 

著者: