Aliexpress
戻る
中国語版 CHINESE | 日本版 JAPAN
実時間空気質:
  • 16:00 大阪 55(AQI) Moderate
  • 21:00 西東京市 50(AQI) Good
  • 22:00 横浜 21(AQI) Good
  • 21:00 鎌倉 46(AQI) Good
  • 21:00 京都 42(AQI) Good
  • 21:00 奈良 61(AQI) Moderate
  • 22:00 仙台 21(AQI) Good
  • 22:00 札幌 30(AQI) Good
  • 22:00 福岡 65(AQI) Moderate
  • 21:00 名古屋 72(AQI) Moderate
  • 22:00 北九州 114(AQI) Unhealthy for Sensitive Groups
へイズがデリバティブされアンチへイズ経済、アンチへイズノースマスク良く売れ、BOSSが現場でヘルプ
2015-12-24 ソース:中華網投資 ページビュー:397

 近年、へイズ天気頻繁に全国各地に上陸して、特別に、今年冬季して以来、へイズ大範囲持続爆発したため、これが「アンチへイズ」関連エリア製品が迅速発展。一方、へイズ等の環境要因が既に経済発展の難問になってしまう。もう一方、へイズのため、環境防護相関製品をデリバティブ。産業迅速発展に伴って、伝統企業が産業のグレードアップしなければならない。1220日、北京万生薬業取締役は会社の店舗に販売をヘルプ。

 

北京万生薬業取締役が顧客にの疑問を解答

 

へイズがデリバティブされ新しいビジネスチャンス 伝統薬業企業が呼吸健康産業を狙い

      

  へイズクライシスの下、チャレンジに会う、同時にチャンスがある。

   2011年頃、北京万生薬業は呼吸防護製品の研究・開発に取り組む。3年間余りの研究を渡って、2014年、北京万生研究開発される全国初鼻用空気清浄器―霾星人は国内知名電子プラットフォームに、今年下半期、全国は10万人余り、霾星人を使う

 

 「霾星人」の研究開発を言うなら、北京万生薬業取締役黄河さんは「自分は過敏性鼻炎になるもう数年間になり。季節変化だと、くしゃみ・鼻水が絶えず、空気汚染時、症状はもっと明らかになる。それについて、公司の器械研究院と「鼻防護」の製品を論議した。製品研究の過程では、へイズ天気頻繁爆発,大衆アンチへイズニーズーもっと重要になる。3年間のこつこつに研究実験に渡って、最終、設計ユニック、携帯簡単、彩り豊富の鼻用空気清浄器は誕生した。これがアレルギー性鼻炎をよく予防できる他に、大衆の日常アンチへイズ使用に適合する。

 

   へイズ経済に際して、大勢創業者が加入、もっと多い創業プロジェクトが出るが、レベルが不均一、真と偽分別難い、科技企業、インタネット企業等の創業会社に比べ、薬業が研究及び品質優れのメリットがある、北京万生薬業を例にして、会社は器械研究院がある、又、強大の科技技術サポートと専業のスキル研究チームがある;もっと厳格な専門医療の背景とより厳格の生産システムがある。研究体制と品質制御を完全の元に、消費者ニーズーを満足の、優れる新製品をロールアウトできる。医薬企業の発展に新しいチャンスを齎す。


大健康から全方位呼吸防護戦略を起動

 

  空気汚染の件は中国特色じゃないから、全世界で、12%の都市はWHOの空気汚染指導標準に達する。大勢都市中心の汚染はアドバイス水準の数倍をオーバーして、WHOの統計によると、毎年、空気汚染で亡くなった人は700万人を超え、見込んだ2倍以上、こんな環境で、相関の大健康産業は是非迅速発展と見通し。

 

  我国空気汚染問題は、短い時間でなかなか解決できない。民衆防護意識が次第に強化すること。空気防護製品の要求にもより理性になる。市場熱情に対して、黄河は「霾星人の研究開発は二つ方向を分け、一方、現有製品最適化、又将来製品ガ更に手軽と綺麗ように、もう一方霾星人系列製品を陸続にロールアウトするつもり。現在の霾星人鼻用空気清浄器は成人と児童型に分けられ、霾星人鼻用空気加湿器。すぐ登場の防ランプブラック型、運動型等、目前、aliexpress出購入できる。

著者: