Aliexpress
戻る
中国語版 CHINESE | 日本版 JAPAN
実時間空気質:
  • 16:00 大阪 55(AQI) Moderate
  • 21:00 西東京市 50(AQI) Good
  • 22:00 横浜 21(AQI) Good
  • 21:00 鎌倉 46(AQI) Good
  • 21:00 京都 42(AQI) Good
  • 21:00 奈良 61(AQI) Moderate
  • 22:00 仙台 21(AQI) Good
  • 22:00 札幌 30(AQI) Good
  • 22:00 福岡 65(AQI) Moderate
  • 21:00 名古屋 72(AQI) Moderate
  • 22:00 北九州 114(AQI) Unhealthy for Sensitive Groups
早春天気多変、呼吸道疾患予防              
2016-02-17 ソース:へイズスタープレスセンター ページビュー:694


 環境、気候は呼吸道疾患に関わる、初春季節の頃、空気寒冷、乾燥、病毒活躍・呼吸道免疫力低下になる。平日、鍛錬不足、室内空気不流通しないと、病気にかかりやすい。それで、多種呼吸道疾を引き起こす恐れ。

 

呼吸道疾病は発症時節に入り

 春季インフルエンザ、流行性耳下腺炎、麻疹、風疹および水痘等呼吸道伝染病の発症季節である。同時、気温が暖かくになるともに、手足口病等の伝染病も次第に始め。春節後、大勢人込みは工作地、学校に戻り帰る、人口流動性が大きい、呼吸道疾病の発症と広がることに、条件を作る。

 春季伝染病が発症するのは、主に原因は以下通りに:一、気温変化のこと、気温の不確定変化のため、人体にアンバランスさせて、病気になりやすい;二、病原微生物の活気のため、春季だと、生物復活、環境中の細菌、病毒も活躍の繁殖期に入り、疾病性広がりために基礎を打ち出すこと;三、人体呼吸道粘膜のバリア作用が低下する一方。春季気候乾燥ので、人体水分ガ不足、呼吸道粘膜は潤くない、粘膜細胞も脱落、バリア作用低下、呼吸道伝染病を引き起こし。

 

呼吸道伝染病の広がり

 呼吸道伝染病の細菌或いは病毒は共通点がある。それらは人的鼻咽頭粘膜上に寄生して、早期、患者が咳き、クシャミが出たつばが他人に伝染すること。ある呼吸道伝染病患者は早期でインフルエンザの症状と似る。無視されやすく、誤診やすく、病人に痛苦と危険をさせるほかに、病人が絶えずに排出の病菌、ウイルス、重要の伝染源になってしまう。

 

呼吸道疾病の予防     

 呼吸道伝染病の一般予防措置のが、伝染病流行の時、三つ基本の環節をカットすれば、伝染病の流行が終了可能。我々が持ってある伝染病の各種措置は蜜基本環節中のある環節に対したこと。それについて、伝染病流行の基本環節は以下の三方面通りに:

 1.伝染源を制御、少なく伝染病は発症の前に、伝染性が持ってある。発症初期が伝染病症状が出て、伝染性最強だ。それで、伝染病についてのことは、なるべく早発現、早診断、早治療をやるべきである。伝染病蔓延を防止は、伝染病予防の重要措置のことである。 

 2.拡散ルート の切断、切断方法は主に個人衛生と環境衛生を注意する事。疾病広がりの媒介生物を杜絶し、必要な消毒手配する等。それから、病原体は健康人に伝染チャンスを無くなった。

 3.影響やすい者を保護、伝染病流行期間で、影響やすい者と伝染源の接触に遠ざけさせる。且つ、予防接種を用意して、影響やすい人込みの抵抗力が強化、彼らにとって、体育運動、身体鍛錬、抗病能力を増加すること。

 

霾星人にて伝染源を阻隔

 北京万生人和科技有限公司の呼吸防護専門家は「呼吸道伝染病発症反応が迅速で、拡散力強くため、疾病発症期で伝染源を迅速に切断することはポイント、最高効の病気防護措置である。蕁麻疹、インフルエンザ、水痘、流行性耳下腺炎、風疹を含み。空気、短距離唾或いは呼吸道分泌物が広がり呼吸道伝染病を接触、これらが阻止伝染源の有効方式である。

 北京万生人和科技有限公司が研究・開発された霾星人鼻用空気清浄器は伝染源の有効阻隔作用ある。霾星人鼻用空気清浄器が体積小さく、通気性良好、密封性強い等メリットがある。極短の時間内で空気中の細菌、ウイルス等が高効率濾過、北京質量検査センター実験室から検査報告による、霾星人は細菌の濾過効率は99%以上。同時、この製品は良好な通気性が持ってある。人体の長期着用に適合し、息苦しさくない。

  それ又、寒さと暖かい空気を交互のことは、影響やすい人込みにとって、霾星人鼻用空気清浄器は密封性が強くため、鼻腔から出た部分熱量と水分を残留できる。鼻腔周囲に温暖湿潤の呼吸微環境になる。鼻部温度の相対安定。これから、室内室外トランジション冷暖空気切替が鼻部にび刺激を改善、呼吸に最寄順調させること。

著者: