Aliexpress
戻る
中国語版 CHINESE | 日本版 JAPAN
実時間空気質:
  • 16:00 大阪 55(AQI) Moderate
  • 21:00 西東京市 50(AQI) Good
  • 22:00 横浜 21(AQI) Good
  • 21:00 鎌倉 46(AQI) Good
  • 21:00 京都 42(AQI) Good
  • 21:00 奈良 61(AQI) Moderate
  • 22:00 仙台 21(AQI) Good
  • 22:00 札幌 30(AQI) Good
  • 22:00 福岡 65(AQI) Moderate
  • 21:00 名古屋 72(AQI) Moderate
  • 22:00 北九州 114(AQI) Unhealthy for Sensitive Groups
北京はアンチへイズ狙い撃ち、15年年末PM2.5年平均濃度は5%を下降させ
2016-03-01 ソース:へイズスタープレスセンター ページビュー:733


   2015年、へイズは中国多数地元居民の生活を影響して、特別は暖房期に入ると、東北、京津冀び周辺地区で重度汚染の日数は急速に増え。へイズに囲まれのことはよく。

   へイズを有効的なガバナンスのために、年度ガバナンス目標を完成するために、北京市年計画は165.4億元を投入して大気汚染をガバナンスに用いる。且つ、PM2.5濃度5%下降させることは今年の工作目標の一となる。同時は300軒一般製造と汚染企業の退出任務を完成する。

  北京市環境防護局が公布したデータによる、2015年北京PM2.5年平均濃度は6.2を下降する。空気品質基準186日になる。年次日数の51%を占め。中に、一級優良天気は前年より13日を増加。2015年重度汚染は46日、13%占め、2014年比べ1日を減らした。

  環境防護部が重点監査は空気質量を影響の四つ主要汚染物の全体下降ことである。2014年と比べ、二酸化硫黄、二酸化窒素、PM10PM2.5の年平均濃度は分別に38.1%、11.8%、12.3%、6.2を下降した

  国民は近年来のよく出るへイズはよく知るけど、官方は環境汚染とへイズの態度は既に重視された。否定される事から、主動的に予報するまで、小学校停学から自動車限界と健康防護提示などの新常態まで、ここからは政府が環境の犠牲をしての発展は規律の観客態度をする。環境改善の自信を持つ。

  然し、自然環境は汚染から修復するのは非常に難しい事ですが、政府と公衆が長期の行動になって、短期内解決できない。険しいトレンドに対して、我々がどんな有効防護をやるのか?

   北京万生人和科技有限公司の呼吸防護専門家・徐明さんは「へイズ期間でなるべく外出しないほうが、外出時、個人防護用具を用意必要。」と紹介する。

 

  日増しのへイズ天気特点に対して、北京万生人和科技有限公司自主研究開発された霾星人鼻用空気清浄器は、体積小さく、通気性良好、密封性も強い等のメリットを持っている。短い時間でへイズ中の有害顆粒物質を高校濾過を実現できる。北京品質検査センターの検査報告によると、霾星人フィルター効率は99%以上に。同時、この製品は良好な通気性を持ってある。人体が長時間着用に適合、息苦しくなさず、宅の空気清浄器を流れても、いつでもどこでも新鮮な空気を!


著者: