Aliexpress
戻る
中国語版 CHINESE | 日本版 JAPAN
実時間空気質:
  • 16:00 大阪 55(AQI) Moderate
  • 21:00 西東京市 50(AQI) Good
  • 22:00 横浜 21(AQI) Good
  • 21:00 鎌倉 46(AQI) Good
  • 21:00 京都 42(AQI) Good
  • 21:00 奈良 61(AQI) Moderate
  • 22:00 仙台 21(AQI) Good
  • 22:00 札幌 30(AQI) Good
  • 22:00 福岡 65(AQI) Moderate
  • 21:00 名古屋 72(AQI) Moderate
  • 22:00 北九州 114(AQI) Unhealthy for Sensitive Groups
北京が麻疹発症季節に入り 伝染源を隔離は大切
2016-03-09 ソース:へイズスラープレスセンター ページビュー:703


  数日前、北京市疾病コントロールセンターの観測データによると、上月頃、北京市で80例蕁麻疹が出たそうだ、その前より上昇は明るく、その中に、8割患者は均一20歳以上の成人と言われた。ビジネスマンとホートカラーを主に。それについて、市疾病コントロールセンターは「公衆に個人衛生を注目、なるべく、人込み密集処、通気ではない公共の場所に行かない」とアドバイス。

  

 北京市疾病コントロールセンターが長年観測データでは、北京市蕁麻疹の流行特長は毎年の1月始め、発症人数は徐々に上昇して、45月は発症季節性のピークになる。蕁麻疹は蕁麻疹ウイルスが引き起こす呼吸道伝染病である。且つ、春冬季節に引き起こし、児童以外、蕁麻疹接種しない成人も感染を受けやすい。蕁麻疹の待ち時間は略10-11日間、最初症状は風邪にみたく、同時に、目赤、目蓋腫れ、涙、光恐怖、クシャミ、咳き等もっと厳重な症状が出る。4日目始め、耳の後からバラ色の斑点が出る。2-3日内、全身まで発疹する。

  蕁麻疹の伝染性は大変強め、人込み密集、通気しない環境中に、広がりやすいです。若しかして、熱、赤の斑点、咳き等の症状場合は、早めに病院へ受診するべき。受診時、マスクを着用してお願い、病院に蕁麻疹を診断されたら、規定された通りに治療と隔離べきだ、病を持って学校と仕事に行って行けません。ウイルスを親族或は同僚に広がらないように。

  麻疹ワクチンを接種することは麻疹発生を予防可能。北京市は国家ワクチン計画順序を従いの除き、学齢児童に向け3回麻疹成分を含みワクチンを無料接種の他に、外地から来る大学新生に麻疹成分ワクチン1回を無料接種を行い。ワクチン接種の他、個人呼吸防護を用意することも麻疹予防の有効方法である。

 呼吸科専門家は「麻疹ワクチンの接種ことは、麻疹疾病を予防のより有効措置ですが、麻疹ウイルスのスプレッドが強く、発症反応迅速なので、麻疹疾病のピークに、伝染源の阻隔は最重要、最有効の予防対策である。麻疹の他に、インフルエンザ、水疱、ムンプス、風疹等が空気、短距離唾或は呼吸器分泌物がスプレッドの呼吸伝染病は、広がりルートの隔離を通して、有効予防できる。


  目前の状況について、北京万生人和科技有限公司が研究された霾星人鼻用空気清浄器は伝染源を有効隔離できる、了解による、霾星人鼻用空気清浄器の体積小、通気性良好、密封性強く等のメリットにて、極短い時間で空気中の細菌、ウイルス等を高効能フィルターする。北京質量検査センターの検査報告により、霾星人は細菌のフィルター効率に99%以上。言及にすることは、霾星人内部の濾材は他マスクの単一構造に区別、複数スケルトンにてサポートして、濾材と空気接触面積を最大増加する。呼吸順調、息苦しさくなさず、長時間着用に適合する。

  目前、霾星人鼻用空気清浄器は電子プラットフォームで販売中。お客様呼吸健康のために全方位の解決方法を提供と希望する。

 

著者: