Aliexpress
戻る
中国語版 CHINESE | 日本版 JAPAN
実時間空気質:
  • 16:00 大阪 55(AQI) Moderate
  • 21:00 西東京市 50(AQI) Good
  • 22:00 横浜 21(AQI) Good
  • 21:00 鎌倉 46(AQI) Good
  • 21:00 京都 42(AQI) Good
  • 21:00 奈良 61(AQI) Moderate
  • 22:00 仙台 21(AQI) Good
  • 22:00 札幌 30(AQI) Good
  • 22:00 福岡 65(AQI) Moderate
  • 21:00 名古屋 72(AQI) Moderate
  • 22:00 北九州 114(AQI) Unhealthy for Sensitive Groups
「電磁波過敏症」患者が増加 PCに集まるホコリが原因
2016-04-06 ソース:瀋陽日報 ページビュー:246

 「今日午前中の診察で、アレルゲン検査ではなんの問題もなかったのに、パソコンを長時間使用すると、赤い発疹が現れるという患者が来た」。そう話すのは杭州市中医院中医(中国医学)内科の何迎春博士。このように「電磁波過敏症」の症状を訴える患者が最近増加しており、患者の中心は長時間パソコンを使用するホワイトカラーや学生だという。


 何博士は「電子機器の普及に伴い、敏感な体質の人が真っ先に『電磁波過敏症』の被害者となっている。このような人は、携帯やパソコンなどの電子機器が発している電磁波を浴びると、身体が鋭敏に反応し、目まいや熱り、かゆみ、吐き気などの症状を訴える」と指摘。

 「最も注意が必要なのはパソコン」という何博士によると、電源が入っている状態のパソコンの画面からは電磁波が発生しており、かゆみや発疹などアレルギー性皮膚炎、目の痛みなど結膜炎の症状を引き起こす原因となる。そのほか、画面の周りは静電場ともなるため、大量のホコリなどが集まりやすくなり、ハウスダストアレルギーを引き起こすこともあるという。パソコンからしばらく離れると、発疹などは自然におさまる。

 専門家は、「電磁波過敏症」の発症は仕事上のストレスや生活スタイルの乱れなどが原因で免疫力が低下することとも関係しているため、定期的に運動したり果物や野菜をたくさん食べたりするなど、健康的な生活スタイルを心掛けるよう勧めている。また、電子機器を使用する場合は、何時間かおきに体操をしたり、肌を清潔に保ったり、湿った雑巾などでホコリをふき取ったりすると良いという。

 

霾星人にてアレルゲンを遮断


 北京万生人和科技有限公司の呼吸防護専門家は「呼吸道伝染病発症反応が迅速で、拡散力強くため、疾病発症期で伝染源を迅速に切断することはポイント、最高効の病気防護措置である。蕁麻疹、インフルエンザ、水痘、流行性耳下腺炎、風疹を含み。空気、短距離唾或いは呼吸道分泌物が広がり呼吸道伝染病を接触、これらが阻止伝染源の有効方式である。

 北京万生人和科技有限公司が研究・開発された霾星人鼻用空気清浄器は伝染源の有効阻隔作用ある。霾星人鼻用空気清浄器が体積小さく、通気性良好、密封性強い等メリットがある。極短の時間内で空気中の細菌、ウイルス等が高効率濾過、北京質量検査センター実験室から検査報告による、霾星人は細菌の濾過効率は99%以上。同時、この製品は良好な通気性が持ってある。人体の長期着用に適合し、息苦しさくない。

  それ又、寒さと暖かい空気を交互のことは、影響やすい人込みにとって、霾星人鼻用空気清浄器は密封性が強くため、鼻腔から出た部分熱量と水分を残留できる。鼻腔周囲に温暖湿潤の呼吸微環境になる。鼻部温度の相対安定。これから、室内室外トランジション冷暖空気切替が鼻部にび刺激を改善、呼吸に最寄順調させること。

著者: