Aliexpress
戻る
中国語版 CHINESE | 日本版 JAPAN
実時間空気質:
  • 16:00 大阪 55(AQI) Moderate
  • 21:00 西東京市 50(AQI) Good
  • 22:00 横浜 21(AQI) Good
  • 21:00 鎌倉 46(AQI) Good
  • 21:00 京都 42(AQI) Good
  • 21:00 奈良 61(AQI) Moderate
  • 22:00 仙台 21(AQI) Good
  • 22:00 札幌 30(AQI) Good
  • 22:00 福岡 65(AQI) Moderate
  • 21:00 名古屋 72(AQI) Moderate
  • 22:00 北九州 114(AQI) Unhealthy for Sensitive Groups
へイズ天気頻繁発生に対して、燕趙都市報が小記者の為に、アンチへイズ鼻マスクを配分
2014-11-05 ソース:燕趙都市報 ページビュー:1055
雾霾,市民应如何防护雾霾中,学生应该如何防护

  近日、へイズ天気が荘で「ホバー」。10月31日午後4時左右、燕趙都市報の小記者が石家荘建設南大通りと槐安路交差点の近く処に参り。歩行者へ「へイズ予防の方法」についてインタビューを行い。燕都小記者皆が専用保護マスクを着用している、且つ、街頭にランダムインタビューを。彼等は室外活

動がマスク着用必要。健康保護のは幼い頃からという実際活動で皆に教えます。       

学生佩戴霾星人鼻用空气净化器 

  10月31日、石家荘気象台が「へイズ黄色アラーム信号」と公布した、石家荘大部分地区が軽度~中度へイズあるそうです。記者は河北省空気質量自動リリースシステムを通して知た、石家荘31日昼、多数時間のAQI指数は280以上である、その中、10時のAQI指数は既に325に達する。重度汚染級になること。

頻繁発生のへイズ天気に対応するために、燕趙都市報が小記者に向け、児童型アンチへイズマスクを専門用意する。小記者のメンバー達が外出インタビュー時へイズ影響しないことを確保、より良い彼らの呼吸健康を保護しよう。

小记者佩戴霾星人鼻用空气净化器    

  記者が現場に着く時、小記者達がアンチへイズマスクを着用している、室外でインタビューに会う。紹介による、これらの小記者は燕趙都市報が新聞インタビューに大変興味を持っている中小学生の為に学習、研修基地に用意する。主旨は子供達の観察力、独立、自信等方面の能力及び素質を培養したいです。責任者から「燕趙都市報が創立した小記者グラプは子供達が実践より鍛えられる、遊ぼうより成長を獲得。当初、新聞社がフォームを設立主旨に違反しないために、小記者達が健康、安全、快適の環境中に知識と訓練を貰える。新聞社が子供達に専業のアンチへイズ鼻マスクを手配する。より良い彼らの呼吸健康を保護する。」と了解した。 

  情報による、我国喘息病率が既に1.24%に達する、ここから見ると、我国喘息患者3000万あまりになってしまった。その中に、児童喘息患者は略1000万ぐらい。児童喘息の比率はより高い。平均10名児童に2名が喘息になること。児童喘息の発症は遺伝子に関わる他に、多種環境原因に影響され、とにかく空気汚染の影響は目に立つ。

  了解による、児童が体質弱い人群である、呼吸系統はまだ発育完成できないため、特に、鼻の毛が空気中の有害物体を良く濾過できない、その上に、児童の免疫力も弱さなのに、へイズ天気に空気中の有害物質に侵害する恐れがある。で、呼吸道感染、過敏性喘息、肺癌のリスクを増加だと判断される 

  このため、「呼吸科専門家が「児童は室外活動時、必ず保護用品を着用するほうがいい」とアドバイスされた。
著者: