Aliexpress
戻る
中国語版 CHINESE | 日本版 JAPAN
実時間空気質:
  • 16:00 大阪 55(AQI) Moderate
  • 21:00 西東京市 50(AQI) Good
  • 22:00 横浜 21(AQI) Good
  • 21:00 鎌倉 46(AQI) Good
  • 21:00 京都 42(AQI) Good
  • 21:00 奈良 61(AQI) Moderate
  • 22:00 仙台 21(AQI) Good
  • 22:00 札幌 30(AQI) Good
  • 22:00 福岡 65(AQI) Moderate
  • 21:00 名古屋 72(AQI) Moderate
  • 22:00 北九州 114(AQI) Unhealthy for Sensitive Groups
霾星人を深度解読、発声&吸気が同時進行ではない
2015-01-13 ソース: ページビュー:789

——鼻用空気清浄器の科学設計から釈明

    声音発出の原理というのは?ご存知のように、私達人体の咽喉部位には、声帯構造がある。声帯は咽喉内の粘膜デコンボリューションである。左右各一、甲状軟骨と披裂軟骨の声帯処に位置する。下記図面の通りに。

    声帯及び披裂軟骨基底核声帯の裂溝は、人が発声時のポイントは呼気なのだ、通常の呼吸と違い、声門亀裂はこの頃、シャットダウン或いは軽微開放状態にある。つまり、声門亀裂が高圧力下にオープンされる。エアフローは瞬間に声門亀裂を経由して中咽頭部位に着く。この時の声帯振動で発声する。それについて、人が口腔にて吸気時に発生してしょうがない。


    呼吸のは、呼吸系統が完成するです。呼吸系統に鼻腔、咽部、喉部、气管、气管支と肺が含み。当然、口腔も必要時に呼吸運動を参与できる。上述発声原理から、吸気と発声が同時存在できないと見られる。鼻腔吸気でもいいし、口腔吸気でもいいし。人が吸気時に発声を実現できない。つまり、人が話し時、吸気してしょうがない。ただ、呼気の過程だけである。 

    霾星人鼻用空気清浄器は万生人和科技有限公司が3年間にわたって研究開発と生産できたのです。この設計は、鼻だけをカバー、口腔を保護しないことについて、大勢人々は鼻用空気清浄器は何故鼻だけをカバーして、口をカバーしないことを疑問する。話し時に有害気体或いは顆粒物が口腔に吸い込む恐れがある。人体に不良影響かも、上面の分析から、人が話す時、気体が呼吸道に入れないことを見られる。実は、霾星人鼻用空気清浄器が研究開発の最初に、上述問題を充分に考慮するので、且つ、鼻用空気清浄器の設計は皆さんに正確呼吸方式を引導するため、鼻にて呼吸に;同時、鼻用空気清浄器が鼻腔疾患がなくても、口で呼吸全て呼吸道防護に用いる。同時、話し、飲食飲み水影響しない、現在のへイズ防護及び他の呼吸道疾患の防護最良選択になる。同時、魚鰓バイオニックス構造の巧妙設計を採用して、及び、三次元人顔スキャナー技術にて製作した鼻部3Dシーリングユニットのものは、直径が0.1μmの顆粒物の濾過効率は99%に達させる。目前呼吸道の防護必要品に評価される。

著者: