Aliexpress
戻る
中国語版 CHINESE | 日本版 JAPAN
実時間空気質:
  • 16:00 大阪 55(AQI) Moderate
  • 21:00 西東京市 50(AQI) Good
  • 22:00 横浜 21(AQI) Good
  • 21:00 鎌倉 46(AQI) Good
  • 21:00 京都 42(AQI) Good
  • 21:00 奈良 61(AQI) Moderate
  • 22:00 仙台 21(AQI) Good
  • 22:00 札幌 30(AQI) Good
  • 22:00 福岡 65(AQI) Moderate
  • 21:00 名古屋 72(AQI) Moderate
  • 22:00 北九州 114(AQI) Unhealthy for Sensitive Groups
統合医学環境及び健康専門委員会の成立大会は北京で行い
2015-03-13 ソース:搜狐ヘルス ページビュー:801

  2015311日午後、北京友好病院クリニックビルの二階講堂で統合医学環境及び健康専門委員会の成立式典が行った。大会は第一届委員長を選出及び各委員に証書を発行した。北京名病院からの呼吸科、耳鼻咽喉科、消化科、神経科、皮膚科、美容科などの医長、次長医師100名あまり専門家は参与した。同時に、北京万生人和科技有限公司が今回大会に参加した。

 人類の沢山健康問題は環境危険要因の暴露に関わる。例えば:大気汚染、水資源汚染、土壌汚染、騒音汚染等。環境要因は疾病の形成過程には重要な作用を発揮する。で、環境関連の疾病は日増しに大衆に重視された。統合医学環境及び健康専門委員会が成立するのは、環境相関疾病の研究をより良く進出する。進一歩に環境関連疾病のコミュニケーションを強化する。環境要因が人類にの疾病痛苦を和らげるために、社会にの職責をするべきと思われること。


 北京大学第三医院の皮膚科医長医師李教授が第一届大会の委員長を選出された。李教授は「環境中の各種危険要因せいで、造った人類疾病が日増しに顕著になる。これも社会発展の現実階段である。大会成立後、全力に環境要因が誘致疾病の診療研究に取り組む。環境が人類疾病影響の研究を積極的に進出する。もっと良い人類疾病の予防と治療方法を探すことは主旨にする。」と話した。

 北京大学第一医院呼吸科医長医師遅春花教授がへイズの危害と防護について、素晴らしい報告をした。遅春花教授は「へイズが人体に危害」と紹介した。へイズが人類の呼吸系統、心血管系統に危害させる、胎児/幼児の生長発育欠陥を造られる可能。人体中毒及び癌を起こす恐れがある。それについて、へイズを有効防護ことは大切だと思われ。教授が「良好な防護用品はフィルター効果の他に、息苦しさくなく、漏れず、安全、清潔易い且つ携帯便利の特徴があるべきです。そんなアンチへイズ製品はへイズが人体の危害を最大程度を下がれると見込み。


会議で、北京万生人和科技有限公司の製品マネジャーは現場PM2.5をテストした。そして、市場販売のアンチへイズマスクと霾星人鼻用空気清浄器の濾過効率を対比実験をやりました。実験結果による、霾星人鼻用空気清浄器の有効防護は99%以上に達する。現場にいらっしゃる各位教授が高度注目をいただく。


北京万生人和科技有限公司が研究開発及び製造の霾星人TM鼻用空気清浄器は、魚鰓構造により研究開発の鼻部専用の防護製品である。これは、可吸入顆粒物の濾過効果は99%以上に達する。魚鰓構造のバイオニックス設計理念を採用して、濾過面積を最大化させる同時に、相当小さい呼吸抵抗力が保証できる。長期着用に適合するアンチへイズ製品である。また、霾星人は人顔の三次元スキャナーを通して、医用級シリコーンにて製作3Dシーリングユニットは、人顔の鼻部と100%フィットできる、漏れず効果を実現する。顆粒物は隙間から呼吸道に入ることを断る。そして、霾星人は呼吸道アレルゲンと細菌ウイルスを隔離できる。で、アレルギー性鼻炎、過敏性喘息及び呼吸道感染疾病の発生率を下がることができる。



著者: