Aliexpress
戻る
中国語版 CHINESE | 日本版 JAPAN
実時間空気質:
  • 16:00 大阪 55(AQI) Moderate
  • 21:00 西東京市 50(AQI) Good
  • 22:00 横浜 21(AQI) Good
  • 21:00 鎌倉 46(AQI) Good
  • 21:00 京都 42(AQI) Good
  • 21:00 奈良 61(AQI) Moderate
  • 22:00 仙台 21(AQI) Good
  • 22:00 札幌 30(AQI) Good
  • 22:00 福岡 65(AQI) Moderate
  • 21:00 名古屋 72(AQI) Moderate
  • 22:00 北九州 114(AQI) Unhealthy for Sensitive Groups
コミュニティに関愛、アンチヘイズ専門家は健康贈り!
2015-04-01 ソース:ヘイズスタープレスセンター ページビュー:645

 なるほど、ヘイズ危害は恐ろしいよ、私のマスク防護効果は無し、これが息子買ってくれたわ!

 北京天通苑北三区コミュニティでは、王ママがアンチヘイズ専門家の説明したPM2.5危害を聞き、違いマスク濾過効果実測を見た後に、こんな気持ちを言った。




 4月1日午前、より多いコミュニティーの居民がヘイズの危害を了解、呼吸防護を強化するために、霾星人が北京清華大学長庚医院と連携して天通苑コミュニティーに入って、アンチヘイズ知識科学普及と宣伝を行った。現場で霾星人アンチヘイズ鼻マスクを手配した。コミュニティー居民の防護意識を高まると希望、有効装備着用にてアンチヘイズ、花粉を防護、呼吸道疾病の発症率を御制。

 

 


 アンチヘイズ専門家は現場で室内PM2.5濃度は68μgを実測する同時に、市場販売のよく見るマスクおよび霾星人鼻マスクのフィルター効果に対比テストをした。鼻マスクは、PM2.5数値は2μgを下がる以外に、他のマスク3550μgまでを下がれる。殆どPM2.5に防護作用を持っていない。この結果が現場の居民友達に驚かさせる。次々に質問して、私達のアンチヘイズ専門家は逐次に詳細回答しておる。

 

 

イベントでは、スタッフが「市民は自分自身からスタート、健康な呼吸防護習慣に培養する、同時、コミュニティー居民は科学防護を堅持、ヘイズの危害を軽視、外出時アンチヘイズマスクを掛ける必要だと」とアピール、


コミュニティー居民が現場実測を注目


 呼吸科医者とコミュニティー年寄りが深く交流

 環境保護部「自動車、工業生産、石炭燃焼、粉塵等は当然中国大部分都市空気中顆粒物の主要汚染源である;略、85%90%まで、つまり、成人、年寄り、児童が多ければ多いほどの呼吸安全罠に直面」と披露する!

 

天通北苑街道がコミュニティ(九つ)にアンチヘイズ宣伝教育を行ったイベント続き、より多い友達がいらっしゃることを待っておる:


著者: